よくよく考えたら私、阿呆ですね


 これはフィクションですよ。
 
 +++

 よくよく考えたら、
 彼は、"好き"と言われていたのだ。
 自分が好意を寄せている相手から。
 ただ、いきなり壁を越えようとしないで、と、
 そう釘を刺されただけで。
 "これからだと、そう思ってます"と、
 今からすると、信じられない言葉をもらっていたのだ。
 
 何ゆえに彼は、その言葉を振り切ったのか。

 阿呆だ。

 どうやら、向こうからの言葉に、
 "今日は彼氏と云々"というものが出てきたから、らしい。
 そんなんどうでもいいやないか!!
 と彼は思えなかったようで、頭に血が昇ったよう。
 阿呆だ。
 自分から終わりにするような言葉を吐いてしまった。
 その次に彼女に会ったときの、
 怒ったような顔と言ったらなかったと、彼は言う。

 阿呆だ。

 ようやく試合にまでこぎつけたのに、
 試合前に、棄権してしまった。

 おじけづいたのかも、しれない。

 何事もないまま、ではないが、数ヶ月が流れ、
 そして今また、試合を行いたいと、彼は望んでいる。
 
 気配は伝わっているはずだと、彼は言う。
 こんな休日すぐに流れて、
 早く顔を合わせたいと、思っているようです。

 話したいことが、沢山あるのだと。

 +++

 と、こういうこと書いても、
 これが事実なのか、創作なのかは、
 よく分からないですよね。読んでる人には。

 ちょうどTHE NOVEMBERSの小林くんのブログとか、
 そうじゃないですか。
 虚実入り混じって・・・はないか。
 虚なのか実なんか、よく分からないという。

 難しいことは考えないようにします。

 にしても阿呆だよな。

[PR]

<< 日々是精進 , 大日本人 >>