2009.12.27


 初恋の嵐を思い出した。
 デビュー直前に他界した西山氏が重なった。

 22歳の女の子が話しかけてきた。
 もちろん知っていた。
 昨日曲を聴きがら急な報せに向き合っていたと。
 
 才能も認められ、評価も高まり、まさにこれからだった。

 私は正直何が起こったのかは気にならないのだけれど、
 そのようなファンの子に直に接し、
 これはとてもむごいことだなあと感じる。
 ただいなくなりましたという事実だけがある。

 しかし、いったい何なんだろうなあ。
 そこに必然性があるようにはとても思えない。
 人の死というのは、いったいなんなのだろう。
 なんでもないものなのだろうか。
 他の人ならいいというわけではないが、
 なぜ彼なのかが分からない。

 何も分からないけれど。
 ただ、
 ご冥福をお祈りいたします。それしかできない。

[PR]

<< さよなら2009年 , とりとめもなく >>