遺伝子の記憶


 思い出のせいでちょっとだけ苦しくなったときは、
 自分と思い出を共有したと思っている相手が、
 今はもう、その思い出を思い出しもしないんだと、
 つまりもう、忘れているんだと、そう思えばいい。
 私の場合は、それだけで、少し胸が軽くなる。
 私も忘れていいんだな、そう思える。
 壊れたものに縛られるなんて、おかしいじゃないか。
   
 "忘れたい でも忘れない"

 RADWIMPSを嘗めてはいけない。
 こんなときに限って、なぜか、聴いたりする。
 なんだこの心のサイクルは。
 いったい何を求めているのか分からない、自分が。

 暇なだけだろ。なあ、そうだろ。

 やっぱり私は春が好きだな。
 好きになった。秋や冬はもういいよ。
 早く春になれよ。春よ来い。

 迷走はしばらく続くかもしれません。

[PR]

<< 振り向いた勢いで思い出をふりはらう , 視界の隅はだれ >>