コーヒーブレイク


 分けて書くほど分量なかったんで。

+ + +

 『上島ジェーン』

 なななんという壮大な前フリ。
 ラストで一気にお笑いに。オチがそこかよっていう。
 マッコイさんが本気で撮った映画も観てみたい。
 面白かったです。

+ + +

 『パーク アンド ラブホテル』

 人の力によって何がしかからの卒業の時期が来る。
 決意のときと言ってもいいかもしれない。
 人は人を生かし、そして人に生かされている。
 好きですね。印象に残る映画です。 
 音楽がほぼないのも特徴で、環境音がしごく尊く響く。
 メイキングで監督が語りすぎている気配もあるけれど。
 いい!

+ + +

 『インディヴィジュアル・プロジェクション』

 なんかポール・オースターをふと思い出した。
 どこか不条理な方のね。
 解説が東浩紀氏なのよ。
 溶解する方向に行くかと思ったら行かなかった。
 哲学的であり、ある意味ホラーであり、ある意味叙述トリック?なのか。
 最後の短文がなくとも私は普通に面白かったです。
 たぶんスパイ的な要素が(そこがメインじゃないって?)。

+ + +

 『長崎乱楽坂』

 前に吉田修一氏の著作をすべて読んでいる女子の前で、
 『パークライフ』をこき下ろしたのですが(若干ニュアンスが違うけど)、
 今度謝罪したいと思います。すいませんでした。
 栄枯盛衰ではないですかまさに。
 こんなにギュギュっと凝縮されたそれは初めて体験しました。
 すべてを描かず、時を隔てた後を描くことで、
 その間に何があったかを考えさせる。それが逆に喪失感をあおる。
 私の好きな「祭りのあと」感が炸裂しています。
 すばらしい。
 
+ + +

 『自殺島』 第2巻
 
 私が危惧したような方向にはいかず、面白くなってきました。
 ただ主人公、頼もしすぎるな(笑)。
 基礎知識はある設定だが、素人が鹿獲ったり捌いたりってすげえよ。
 でもやっぱあの島で生きることの何たるかを感じても、獲得しても、
 街でそれが通用するのかってところですよね。問題は。
 いや読み手にとっての問題は。
 それを考えると、ああ、やっぱり私たちの住むような世界では、
 ああいった生を感じるのは難しいんかなと思ってしまう。
 もしくはそれは別種のものなのかと。

+ + +

 と、コーヒーを飲みながらなんとなく。

 おやすみなさい。

[PR]

<< ウジウジしたっていいだろうが , 『アポカリプト』 >>