ウジウジしたっていいだろうが


 やべー。
 絶対優位に立っていたい相手の前でミスをした。
 しかもその相手がらみの。いたい。
 なぜ優位に立っていたいかというと、
 私が彼女に負い目があるからだ。
 かつて私が彼女に気持ちを伝えて、
 玉砕ではなく、妙な形にこじれた二人であって、
 今もその妙な空気は続いている。
 お互い手探りをしているみたいな。
 だから私がたとえば嫉妬じみた気持ちを持つと、
 それをあらかさまに感じ取って彼女も不機嫌になる。
 ちょうどそんな状態にある前で、ミスをした。
 案の定、呆れ顔でなじられてしまった。
 "ざまあみろ"的な気持ちを裏に感じるのは考えすぎか。
 しかもミスはミス。私が悪い。これは謝るべき。
 だがひねくれた私は謝罪をぼやかしてしまった。
 いけないことだ。あー。
 全部いやになる。何もかも投げ出させてはくれまいか。

 私のミスと、彼女の攻撃的な態度と。
 他のやつと話す楽しそうな顔と。回る回る。

 あー。はー。
 こんな気持ちを救ってくれるのは何だ。
 渦だ。渦に飲み込まれよう。
 そこから這い上がったときに、きちんと謝ろう。
 そしてあの態度に怒ろう。
 喧嘩すりゃあいいんだよ。

 と支離滅裂な脳内会議。

 ああー!そうだ次に会うのは飲み会なんだよ。
 なんだどんなテンションでいけばいい。
 あからさまに謝罪モードで仲良くしてくれモードでいくのは、
 絶対嫌なんだが場合によってはそれも解禁。
 出たとこ勝負だ(これが私はけっこうメイン)。
 はあ。とりあえず早く終わらんかなこのモヤモヤ。

[PR]

<< 『ゾンゲリア』 , コーヒーブレイク >>