To be, or not to be.


二人きりでライブを観た。

僕の隣にはあの人がいた。

機材の入れ替え時に、暗い中、二人で話をする。

彼女は彼氏の話をする。
映画を観に行った話をさりげなくする。

彼女はまだ彼と続いているという事実を、否応なく、僕は知る。

僕の気は滅入る。表には出さない。
笑顔で会話を続ける。

彼女は僕の気持ちを知っている。おそらく。

僕は考える。
彼女はなぜ今僕の隣にいるのか。
なぜ彼氏の話をするのか。
僕のことをどう思っているのか。

何も聞けなかった。何一つ。

帰り道、別れた後に、
気が滅入ったことを暗喩するメールを、送ってしまった。
返事は素っ気無かった。きわめて事務的な内容。

僕は聞きたいことを問うていないのだから、
当然彼女はそれには応えていない。

結局、何も変わっていない。

+ + +

二人きりで会うのは何年ぶりだったろう。
僕がかつて気持ちを伝えて以来だった。

離れてしまって、連絡すらとれなくなっていたときに、
彼女が人づてに、僕にアドレスを教えてきた。

それは何のためだったのだろう。

今日、会わない方がよかったのだろうか。
そうは思わない、思う、どちらだろう。
自分の気持ちすらよく分からない。

前進してるのか後退しているのか、分からない。

いや、

こうやって思い悩むということは、
僕の気持ちは分かりきっているはずだ。
するべきことは、一つだと思う。
たとえ結果が望むものでなかったとしても、
それは元に戻るだけ。
連絡すら取れなかった、あのときに戻るだけ。

ただ、今ではない。僕がするべきことをするのは。
そのタイミングは、明確に決めてある。前から。
そうだ、彼女に相手がいようと、いまいと、
そうするつもりだったじゃないか。

だから僕はそうするだろう。
もう一度、伝えるだろう。はっきりと。

+ + +

今は罰を受けているのかもしれない、などと考える。
こうやって、僕は何がしかの痛みを受けているように思えるけれど、
こんな痛みは、僕が、僕の近くにいた女性を裏切ったときに、
彼女が感じた痛みに比べれば、何ほどのものだろう。

そうやって、前を向く。

僕は明日からも、働いて、そして生きていかねばならない。
沈んだままでいるのは、望まない。

メールを書こう。そうしよう。

[PR]

<< 曲がり角からそっと顔を出す , どっこい生きている >>