逃げたくても逃げられないよ

 最近本当にダメだなあ。
 僕は、もっと、何ていうか、変わらねば。
 でも変わり方がわからないよ。
 わからない上に、変わるということは、
 僕が僕でなくなる気がして、とても怖いのだ。
 どうにかして、自己を、
 自分という人間を拡張したい。
 ビルドアップしたい(違うかも)。
 したいのだが。

 * * *

 仕事をやってもらったからと言って、
 ドトールで買ったオヤツを差し出した君。
 どう見積もっても、これは・・・過剰なお返し。
 嬉しい意味で。
 なんで僕は上手く話せないんだろう。
 こういう点でもダメだなあ。
 昔よりは遥かに良いんだけれど。
 でも"経験"と反比例する形で、
 "頭の回転"が確実に鈍くなっているから、
 後で思えば、もっと、もっと楽しい会話できたなあ、
 って本当にそう思う。
 でも今日具合悪かったし俺、と言って慰める。 
 「もう話もないですかねえ」なんて笑顔で言うなよ君。
 あるだろうよ? ホラ考えれば。
 僕は避けてる話があるんだけどね。
 ま・・・。
 そのうちに、お返しをしよう。
 僕は、打てば響く男のつもりだ。
 でも本当はこういう状況から逃げたい自分もいる。
 エゴ丸出しの自分を見せるのは恥ずかしいもんだ。
 でも何となく分かってるんだろうなあ・・・。恥ずかしいなあ。
 春だなあ。ビタースウィートだ。。。

 他方では、「また飲みにいきましょう」と誘ってくれる。
 あー。それはそれは、幸せなのだが。
 僕には何か足りないよ。足りないよ。

 あなたが僕の生活から消えてから、とてもさびしい。
 月日の重みはまやかしだとしても、
 僕のその気持ちは本物です。
 だとしたら、重ねた月日に誤りはなかったのだろう。
 あなたは今頃何をしてるんだろう。
 そして僕はこんなところで何を綴っているのだろう。
 君にも、あなたにも、誰にも連絡を取らずに。
 自分の心のドアをノックしてばかり。

 そしていつもココに戻る。ココに戻る。
 電車でsyrup16gを聴き始めるような生活。

 + + +

 finetuneで聴いて見直した?音楽―
 ジャックス・マネキン - "I'm ready"、
 The fire theft - "It's over"、
 Travis - "Turn"。
 The Fray - "How to save a life"。
 そのあたり。

 泣きそうだ。
 寝不足のせいだ。

 "さびしいのは、君のせいだ"。

[PR]

<< ケセラセラ , ディーン・ク-ンツ - 『ドラ... >>