百戦錬磨 それは知らなくてもいいこと

 歯医者行ったんですよ。
 途中、線路があるんですよ。渡るんです。
 まあ、電車待ちなんかしてたら。
 横に、高校生カップルが、チャリで
 (ってかなんで昼間に? 典型的サボり?)
 前が男子で、後ろが女子。
 まあ女の子は可愛く横すわり・・・
 じゃなくて、股開いて座ってましたが。
 缶ジュース、手に持ってた。
 てっぺん持って、ぶらさげてた。
 
 カァァァルピスソォォォーダ!

 青春だなあ。
 シュワッシュワッのキンキンだ。

 +++

 僕はどうやらイケメンで高収入の薬剤師さんに、
 勝っているらしいよ。誰かの心の中で。
 ウェンツ似のハーフだけど日本語しかしゃべれない、
 そりゃあかっこいい男子学生にも、勝っているらしい。
 誰かの心の中で。
 それが、アレか、アレがアレして、アレってやつなのか。
 
 あー。

 揺れる、想い。

 そういや中学?のとき、
 Yくんが、教室で、誰かと話してた。

 「ZARDの"揺れる想い"、予約してきたぜオレ!」

 なんつって。

 懐かしいなあ。
 いろいろと凄かったよ。あの頃は。
 Yくん元気かな。
 いや、実際それほど仲良くなかったけど。
 まあ同じ部活だったってことで。

 

[PR]

<< 夜になるたび waiting for , 夢から覚めてしまわぬように >>