懐かしい風に吹かれています


 あなたにあげたCDの1曲目を、
 ふいに聴いてしまいました。
 
 春を思う。
 
 もしかしたら心の春だったでしょうか。
 通り過ぎました。

 長いこと、会えそうにないですね。

 私はそれを見越しています。
 見越し入道見越した!
 って言えるくらいに、見越しています。

 これは、この事態は、
 なんてことないんですよ。
 ダレにとっても。
 私にとっても。
 ただ単に私が切ないのが好きなだけで。
 あやふやな想い。
 懐かしい風に吹かれるのが好きなだけで。

 私の周りでサラサラと流れるその風に、
 ダレも、君も、あなたも、
 きっと、気付かないのでしょう。

 きっと。

 そして忘れる。

 それでいいと思う。


[PR]

<< にいさん! 頭が! 頭が! , 僕とあなたの相関係数は >>