笑わない人を信じろ


 たとえば好きな娘が、
 私以外の人と話すとき、よく笑っていたら。
 そして私と話すときに、
 あまり笑っていなかったら。

 悔しいよなあ。

 人と話をするときは、
 「俺は笑わない娘が好きなんだよ。
 ニコニコされると気使われてる気がする」
 とか、天邪鬼発言かましてますが。
 あー。まったくのホラではないが。
 でもやっぱり笑ってくれた方が、嬉しい。

 それを踏まえて。

 なんでかね、なんであなたは、
 あんなに笑ってるのかね。
 あの人と話すときに。

 んー。

 でも今日私と話すときも、
 いきなりお菓子を吹き出してましたね。
 しかし今日の私はたいそうinな気持ちだったので、
 つまり内側に向かっていたので、
 楽しい話はまったくできなかったのだがね。

 君は私の隣に自主的に座ることで、
 何か得るものがあるのだろうかね。

 君に何も望まない方針を採っている私としては、
 ちょっと苦しかったりも、するのですがね。

 笑顔。非笑顔。笑顔。非笑顔。

 ああ、私はちょっとばかり、
 普通じゃないんだろう。

 ちょっとだけね。
 
 +++

 本当は知ってるんだぜ。
 すべて切り捨てても案外平気なんだ。
 私は。

 こんなこと書いて、暇だなあ。

[PR]

<< [LIVE] Art-Scho... , 『28週後・・・』 >>