急げ急げ 過去が追いつく前に


 そんな感じで、
 過去なのか、現実なのか、
 分からないけれど、一人でいると、
 ヤツが脳内の電気的やりとりの狭間から、
 ジンワリと滲み出してきます。
 いやらしく私を責めるのです。にんまりと。
 絶対につかまらないと思って、
 やつはニヤニヤと笑っておるのです。

 思考の波に飲み込まれそうです。

 負けそうになるのです。

 負けというのは私がそう思ってるだけですが。

 ああ、いやだ。

 +++

 今日はこれから頑張ってピクルスを作るのです。
 いつもの"水"の代わりに、"白ワイン"を使ってみるのです。

 負けませんよ。

 私にも。あなたにも。

 振り切ってみせるのです。

[PR]

<< in アットクリエイターズ -... , i not crazy am ... >>