君の心の価値は薄い


 思考がまとまらない。
 閂をかけておかないと、
 何かが表に出てきそう。
 だから必死に堰きとめる。
 心の内側を表に出さない。
 人との会話が、どんどん、
 おぼつかなくなっていく。
 堰きとめるのに精一杯で。
 
 自分のズルさも、あなたのズルさも。
 分かっている。つもり。

 いつか誰かが歌っていた言葉とか、
 いろんなイメージが、頭の中を廻る。

 I wanna disappear.
 愛してる 愛してる 僕だけ言う。
 そんな目で 俺のこと見ないで。
 誰もお前を気になどしていない
 代わりなら唸るほどいる だから心配すんな。
 思えないだろ 忘れる日が来るなんて。
 優しさなんて嫌いだ 素直さなんて無駄だ。
 僕には見せないその笑顔は
 なんて美しく可憐なんだ。
 もういいんだ 忘れんだ 躍らせんな。

 これでおわり。
 さようなら。
 こんな話は 誰にだってよくあると
 分かっているさ それくらい。

 ・・・・・・

 どうしたら、いいんだろうな。
 なあ。

[PR]

<< Eberg - Inside ... , "ルール6" >>