およよ


 肩に悪霊が憑いたようです。
 激烈に筋的な痛みがあるんです。

 なんで、ネット上の音源を紹介する、
 週1的コーナーは今回は割愛的な処理で。
 来週をお楽しみに!!
 キーボード打つのけっこうしんどいんです。
 とかいって、これを投稿してるんだけどね。

 ま、寝違えたかなんかでしょう、きっと。
 そう願う。
 もう少し様子を見ようと思います。
 
 +++

 別の話。
 なんか、どう接したらいいか分からなくなって。
 話さないほうがいいのか。
 今日はほぼ言葉は交わしていない。

 向こうが距離をおきたがってるなら、
 こちらもそれに倣うべきだと思うし。
 でもあの人、カメレオン的気質。
 相手に合わせてテンション変えてる。
 なんで、向こうがこちらに倣ってる節がある。 
 こちらが話しかけないから、黙ってるように思える。
 隣にいる時間もいっさい言葉を発しない。
 絶対(っていいたくないけど)、気付いてる。
 会話がないことに。なくなったことに。

 私がどうしたいかって言ったら、それは分かってる。
 話したいんですけどね。普通に。前みたいに。
 楽しかったさ。楽しくないときもあり。
 でも。
 今さらどんな顔して、普通に仲良く話せるっていうのか。
 
 今さらだよなーってホント思う。
 自分バカだよなーって。
 順番逆だろって。
 仲を深めてから気持ちを伝えるべきだよ。
 逆だった。
 ああ、人なんていくらでもいるんだけど世の中。
 用がなくてもメールくれる人もいるし。
 恵まれているんだろう私。
 でも、あの人と前みたく話したい、気持ちがある。
 自分でもよく分からないこだわりがある。
 でもなーって思ってしまう。
 筋が通らないとか、くだらない気持ち。

 考えると、どんどん私は、口数がなくなっていく。
 そしてあの人も黙ったまま。
 悪循環。それ以外に呼び名はない。

 んー。はー。

 訊くか。それは重いか。
 いや、訊こう。
 意地悪になりそうですけれど。

 そんな私が読んでいるのは武者小路実篤の『友情』っていう。
 オンリー・ユー的な。
 ダメだこりゃ(笑)。

 ではまた。 
 明日は頑張ります。 

[PR]

<< 武者小路実篤 - 『友情』 , Lights Out Asia... >>