ありがとう さようなら ごめんなさい


 "互いにとって幸せが違ったみたい"

 都合のいい言葉、かもしれない。
 でも1番、相応しい。

 君は形を欲しがった。
 私は形などいらなかった。
 ただ、拠り所を求めていたのだろう。
 君は、その先にある、
 ゆるがない未来を、望んでいた。

 +++

 みなさん、花見、しましたかね?
 私は、していません。
 別に、理由などないけれど。

 散った後は、清清しさと、切なさと。
 満ちていたものが、なくなっていく。
 
 でも、桜はまた同じ場所で咲きますね。

 私は、どうだろう。

 +++

 君が私にくれた1番大きなものは何だろう。
 考える。
 自信。きっと。
 今でも自信はないけれど、
 君と出会った頃に比べたら。
 それは単に年をとって経験を重ねたからではないだろう。
 君との出会いが1番大きかった。

 逆に、君に何をあげられただろうと、考える。
 何だろう。
 いつか聞いてみたい。

 本当に、ワガママな私を、理解しようと、
 全身全霊でぶつかってくれた。
 そしてお互いのために、決断をしてくれた。
 理由は、色々、あるのだろうけれど。
 君を、想ってくれる人の存在も、大きかったかもしれない。
 私よりも、ずっとずっと、君の事を考えてくれる人。

 今までたくさん悲しんだ分、たくさん笑えるといい。
 
 昔あった楽しいことを思い出して、
 今、それがなくなったことが悲しく思えたら、
 過去よりも、未来を思えばいい。
 
 なくなったものよりも、手に入れるものを、
 これから起こる素敵なことを、楽しいことを、
 頭に思い描けばいい。

 私はそうするようにしている。

 +++

 君の荷物が、この部屋からなくなったら、
 本当に、私の生活から、君が消えていく。

 そんな気がする。

 桜が散るように。
 清清しいくせに、とても、寂しい。

 置きっぱなしにしないなんて、
 本当に、ちゃんとしてるなあ。
 
 これから先も、連絡を取るだろうけれど、
 荷物を取りに来るそのときが、1番言うべきときだから、
 きちんと言おうと思ってます。

 "ありがとう"という言葉と、
 "ごめんなさい"という言葉と。

 私はきっと、泣いてしまうな・・・。
 でも笑ってやろうと思ってます。

 そのあとで、メールを書こう。

 桜散る。
 でもまた咲きますから。
 ね。




- 臼井嗣人「花吹雪」 -


 
[PR]

<< Silencio - 『sha... , eraERAエラ >>