頭は霧の雨


 ほとんど痴話げんかだったなあ。
 「ホント、自分勝手ですよね」
 って、呆れたような、怒ったような顔で言われた。
 「話したく、ない?」と聞く。
 「いやあ・・・・」と首を傾げられた。
 周りに誰もいなかったからいいけど、
 いたら何話してるんだかって内容ですね。
 「たぶん誤解してるよ」と言う。
 「もう、そういう、いいわけとか、聞きたくない。面倒くさい」って。
 仕事するべき場所でこの会話。なくね?
 
 確かに私は勝手だ。勝手に彼女を置き去りにした。
 この2、3週間、
 私の中にある思考回路で何が起きていたかは、
 説明できるのだが、彼女は聞く耳を持ちそうにない。
 聞いたところで納得もしないと思う。
 話したくないと言う彼女に、
 私は「分かりました」としか言わなかった。
 言いながら、妙に落ち着いた気持ちであった。
 場に似つかわしくないかもしれないが、
 かすかに笑いさえ浮かべていたような覚えがある。
 怒られて、少し喜んでいる私も、どうかしている。

 明日、メールでもしてみるか。
 
 2、3週間ぶりに、声をかけたのは、
 君が夢に出てきたからだと。

 でも明日彼女はイレギュラーな休みの日。
 デートかもしれない。
 以前ほど嫉妬はしないけれど、でも嫉妬するなあ。

 +++

 パソコンの溝にたまった汚れを、
 クリップの先でほじっていたら、
 塗装がはげて白いボディが覗いています。
 ああ・・・ついてない。

[PR]

<< Sharesprings -... , DLA - 『AM』[M:005] >>