EXTRA


 最近EXTRAという言葉が気になる。
 余分、というような意味でしょう??
 違ったかしら。
 なんか、いいのよな。
 余分。
 私が楽しんでいること、もの、
 すべて、人生におけるEXTRA、な気がする。
 どうでもいいもの、と今まで思ってたんだけど、
 そうじゃなくて、EXTRAなんだと、最近思い始めた。
 それを楽しめるということは、しごく幸せなことなのだ。
 アレもEXTRA、コレもEXTRA、と捉えると、
 ああ、こんなにも人生のおまけを頂けるとは、
 なんだか自分がたいそう幸せモノのような気がしてくる。
 心に余裕が生まれる。
 今、好きな言葉、EXTRA。これだな。

 ああ、もしサイトの名前変えるなら、EXTRAだな。
 まさに。

 +++

 Google Chrome。
 EXEファイルのダウンロードがいきなりおかしい。
 おかしくなった。
 対象ファイルをダウンロードしても、
 EXEファイルとしてダウンロードされない、
 拡張子がdownload(なんだそれ!)になるので、
 当然開けない。
 自分で名前変更して、拡張子をEXEにすると、
 無事にEXEファイルになるのだが、なんだこれ。
 IEやFirefoxでは問題なくダウンロードできるので、
 Chromeに何かしら問題があると思われるが・・・。
 ネットで調べても、同じような障害が見つからないのよな。
 うーん。そのうち直るのか。

 +++

 bOOk1stをふらついていたら、
 飯野さん激推しの書籍『単純な脳、複雑な「私」』が目に付いた。
 迷わず買ってしまった。いましろたかしの『デメキング』を棚に戻し(笑)。
 確かに面白い!!
 高校生相手に講義した内容を録音?したものを起こしたものなので、
 基本話し言葉だし、内容も脳というミステリアスな対象を扱っているので、
 スイスイにして、グイグイ引き込まれる。
 んー。先を読むのが楽しみですな。よろしおす。

 +++

 個別には書きませんが、田辺聖子さんの『ジョゼと虎と魚たち』。
 田辺さんの作品は、確かにやさしくなる、読むと。
 ダメダメな男子が出てくることが多いけど、
 彼らを描くにしても、どこか、眼差しに愛がある。
 女性の薄情な心理を描くにしても、
 彼女らがそういう行動を選ぶ理由に納得させられてしまう。
 ああ、それなら仕方ないと、なぜか思わされる。
 田辺さんの作品に触れることによって、人間を嫌いにはならない。
 人間なんて、と悲観的にならない。

 人間関係の中で揺れ動く心理の描写、
 その巧みさに唸ること多しだが、
 1番共感めいた気持ちを感じてしまったのは、
 "不機嫌"というのは、ひとつしかない椅子なのだという描写。
 
 二人しかいない空間で、
 どちらかがその椅子に座ってしまったら、
 残された方はただ立っているしかない。
 強引に座ろうとすれば、喧嘩になる。
 つまり先に不機嫌になるのは先に椅子に座るのと同じ。
 もう一人に立ちっぱなしの忍耐を要求することなのだ。

 ああ、よく分かる。私そんな態度取ること多いから(え)。
 その描写を目にした次の日から、私は、
 ある人に優しくしようと、誓ったのであった。
 少なくとも、不機嫌を撒き散らすのはやめようと。
  
 ありがとうございます。

 

[PR]

<< 海月ルイ - 『子盗り』 , Various Artists... >>