告白の翌日は殊更に憂鬱だった


 ただつまらないだけだ。
 そうだろう。
 そうなんだ。
 ちょっと話し相手が欲しいだけさ。
 それでいじけているだけ。
 
 人は鏡と言うけれど。
 私が笑わないから笑わないんだろう。
 でも、他の人と話しながら、
 顔を紅くして大きなリアクションで笑いながら、
 横目で私の様子を探るのはやめてくれよ。
 勘違いかな。そうかもしれない。
 それが1番、堪える私には。
 剃刀が睫スレスレを通過していったみたいに、
 背中が涼しくなる。何かを覚悟する。

 屋上で見かけて、文字通り踵を返した。
 いつまでも、意気地なしだ。
 話しかけもしない私。なのに。
 それを感じ取っているはず。なのに。
 別れ際に君が手を振るのはなぜなんだ。
 
 なんてね。
 考えすぎだよって笑ってくれればいい。
 コレハクセダカラナオラナインダ。

 +++

 『現代アートバブル』が、困ったことに。
 書いてあることの3割くらいしか飲み込めない(笑)。
 何かが足りなかったみたい。
 
 あーお風呂に入ろう。そうしよう。

 明日は少しでもよい日になりますように(祈)。
 それは自分でするもの、だけどね。

[PR]

<< ホントに大吉なのか , 誰かに似た人 >>