直搾りシークァーサーを飲みながら


 知人から薦められた直搾りシークァーサー。
 ¥108。贅沢品ではございません。
 甘くなく、おいしゅうございました。
 今度報告しよう。エイチさん。
 酔いは冷めてきた。

 +++

 やるべきことが山積みで。考えてばかりいる。
 まあ、疲れ気味。あんまり眠れないし。
 最近のこの湿度、モイスチャー過多な夜もあり。
 しんどい。ああ。
 髪切ったら失敗気味だし。明日調整しよう。

 ちょっとそことは話が逸れるけど、
 希望が残っているから、私は迷う。
 希望がなくなっても、私は希望を持つから、
 結局希望がなくならない。だから迷う。悩む。

 選択肢なんていくらもあって。
 それぞれの選択肢が秘める可能性もあって。
 結局どこまでも悩めるわけであって。
 考えることなんて終わりがないわけであって。
 終わりがあるのは、時間制限があるからなのだ。
 
 時間が来るまで、つまり自分の力では
 希望を棄てつくせない私は、
 ある意味では、いやある意味でなく、若造なのだろう。
 青臭い。
 この人生がたった一度だとしたら、それもいいかな、
 なんて思う私は、やっぱり甘ちゃんなのだろう。

 こうやって悩めること自体が、幸せだ。

 でも少しずつ、前に、
 いや場所を動き始めている。
 眼に映る景色は変わり始めている。

 +++

 無言だったな。君。
 私も無言だったけど。
 私の勘が鈍っていなければ、
 きっと君は何か言いたかったのだろう。
 と思う。希望か、ただの。
 
 考えられる可能性を追求する前に、
 条件としてあるのは、君の3連休だ。
 誕生日の近い君の。
 ①3連休のいずれかを相方と過ごすのだとしたら、
 そこを満喫するために、私とのモヤモヤにケリをつけたかった。
 ②3連休の関係で4日間顔を合わせなくなるので、
 何かしらコネクションを築いておきたかった(気持ち悪い私の考えだ)。
 ③実は飯に誘いたかった(それはない)。

 だいぶ気持ち悪いな。

 まあ。ねえ・・・。
 私だってそんなにエネルギッシュじゃない。じゃないですか?
 走り続けるなんて、どだい無理。長距離走苦手だもの。
 エネルギー溜まったら、そのときこそ再び、なんて思ってるのが、
 人の眼に優柔不断に映るのも承知してる。
 
 ああ、でも最近溜まってきてるのよな。
 幸か不幸か。前は不幸を見たのですがね。
 まーたーちょっと走ってみるか。

 なんてね~(リンゴガール風)。

[PR]

<< Flow Inc - 『Con... , Second Anopheles >>