カテゴリ:動画 - その他( 28 )

ハライチ - 「スープ」




 最近すげー好きな動画です。
 何回見てもいいところが不思議。
 物語性の妙でひきつけるところではなくて、
 ノリツッコミどころかノリになってる澤部くんの
 熱の入りっぷりが肝だな。
 おいおいそこツッこむところだろうにノってどうする、
 ってのが繰り返されて、観る側に枠組みが出来上がり、
 次第に次はさあどうやってノる?
 ってのが見所になり、こちらが期待してるところに、
 絶妙なバランスのテンションで、ノリ(ある意味ボケ)が炸裂する。

 結局最後にしかツッコミしてないもんな。
 
 見ると不思議に元気が出る!!
 テンションの上がらない朝に持ってこいです。
 ハライチ応援します私。

 ちなみに昔のネタ見ると
 今ほどスタイルがかっちりしてない。
 ので、どこで笑うのか不安定な空気です。
[PR]

中学生8



[PR]

Receding From One Another




When I looked at you, my life made sense.

A young man, suffering from PTSD, wakes up to find that his long-term girlfriend leaves him, months after the death of their child, on the most inopportune of days.

This is my final project for my Intro Digital Cinematography course for Grad School.

Created By: Karen Abad
Featuring: Joe Taylor
Music By: Piannou
[PR]

彼女がゾンビだったと聞いて僕はちょっと驚いた夕暮れ





 好きです。
 まあ、たまには。

 行ってみたくなるんですよ。
 こういうところへ。

 深く潜れ。
[PR]

沈ぅんだ気持ちで笑い出す~♪



【ワナゴナ】巨人の星アテレコ (茂木淳一)



アフレコ 「エロ本」



 今日も私はダメであった。
 ダメなときに笑えるかどうかはけっこう大事な気がする。
 自嘲でも何でもいいから。ダメなときこそ笑え。
 ということで、笑っておけ!

 ※アテレコとアフレコの違いがいまいち分かりません。
[PR]

2007_09_14 : "Heavenly Star" by Genki Rockets

■久々の動画。ってか貼り付けてるだけだけど(笑)。しかもGenki Rocketsの"Heavenly Star" っていう。でもいい曲。すげー好き。みんなこれ聴いて幸せになってしまえばいいのに。PVがまたキュートでクールで、すばらしいな。大好きだー。

 ⇒"Heavenly Star" by Genki Rockets

[PR]

2007_06_24 : Rubber Johnny

■Chris Cunninghamが監督したショートフィルムですね。確か同タイトルのDVDには、これ1本しか収録されていないのに、けっこうなお値段がするとかで、ブツクサ意見も多かったと記憶しています。実際、僕も興味はあったがスルーしています。しかしこうやって画質を落とした状態でも、クオリティのなんたるかが伝わってくるところはさすがです。好き嫌いわかれるでしょーが。ちょっぴりシュール。

Rubber Johnny - Chris Cunningham + Aphex Twin

■そのシュールさを逆手に取った、のかどうかは知らないけれど、パロディ化しているのが下部からリンクしている映像。ボクサーショーツて。尺はオリジナルより短いけれど、十分愛が伝わってきます。オリジナルと比較するとものすごくチープなのだけれど、それがこれみよがしでなくて、好きですね。

Rubber Johnny Mick Take

[PR]

2007_06_17_02 : 帰って来た! リアルポンキッキ


帰って来た! リアルポンキッキ

■リアルタイムで観たときもだいぶ笑ったが、今観ても笑ってしまった。やっぱり?あの頃の方が笑えたけれど。細かい感想は述べるまでもない。

[PR]

2007_06_11 : 海援隊 - "少年期"


⇒海援隊 ‐ "少年期"

■大人になっても、子供で聴いても、いい曲だなあ。ってフルコーラスじゃないと思うんだけど、まあ気にしないで。ドラえもんの劇場版の切り抜きだけど、気にしないで。いい歌だなあ。友人に、戦隊モノの主題歌とか、ルパンの劇場版の主題歌とか、この手の歌のCDを車で延々とかけてる奴がいて、最初はちょっと抵抗あったけど、もう慣れちゃって、そうすると・・・これが・・・やっぱりいいモノはいいんだよね。いや"少年期"は初めから好きだったけどね。子供時代によく遊んだ空き地が恋しい! 今はなくなったのさ!

[PR]

ちばゆき-"ゆきんこ"



ちばゆき-"ゆきんこ"

■なんか、気になるのよね。曲は演歌?つうか演歌ポップスっつうか。演歌界において、こういうのは普通にあるのか新しいのかも分からないんだけど。それ以前に彼女は演歌界の人かも分からないんだけど! 曲だけだと、ちょっと自分としてはコブシがきつすぎる感もあるのですが、映像と一緒に観ると、不思議なテイストを放ちますね。ひきつけられちゃいますね。歌がもっとポップスな感じだったら、俺、ファンになっちゃうかもだなあ。今彼女のこと好きな人は、その濃ゆい感じがいいのかもしれないけど。あと出だしがミドリカワ書房の"顔"になんとなく似ている。

[PR]

,