<   2008年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧

ごっつええ感じ - "豆" 




[PR]

恋に生きる人にはならない


 考えすぎて一周した。
 阿呆みたいに考えたような。
 クルッと廻って、元に戻った。
 こういうときは、えてして遅すぎる。
 そんなときもあるけれど。
 まあ、まあ。
 悩んでも悩まなくても同じなら、
 悩まない方が。いいんじゃないか。

 「なに考えてるんですか?」

 間。

 「いろいろ、だよ」

 私は言った。
 いろいろ考えた。その日も今日も考えた。
 話があんまりできないような状態だった。
 
 思考の袋小路に脱出口を見つけたら、
 それを忘れていはいけない。
 常に見つめ続けていなければいけない。
 常にイメージし続けていなければいけない。
 私もさっき見つけた。
 ノートにでも書き留めておこう。このイメージ。
 そして脱出するのだ。
 
 迷うことはやめにしよう。
 前を向こう。
 
 音信が途絶えて一ヶ月ほどの別れた人が言っていた―

 「君は自分で自分を悲しませているように見えるときがある。
 なんでわざわざ、悲しむって分かってる方を選ぶの?
 そうしたら自分は後悔するって分かってる方を、
 敢えて、無理して、選んでるように見える」って。

 確かに。私は自分で自分を悲しませる。
 
 こうやってログに残すことに何がしかの意味があると思う?
 思う。意味はあるのだ。
 やる夫ブログの中の1エピソードにこんな言葉があった。
 舞城王太郎『暗闇の中で子供』からの引用―
 『ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ』があった上で、
 やる夫は言う―

 "ここで言う『嘘』とは、物語のことだお。
 物語とはつまり、嘘の固まりなんだお。
 現実の世界にある物だけでなく、どうして人間は嘘の固まりである
 物語を生み出すのかについて言及した時の言葉だお。
 涙を流してうめいて喚いて鼻水まで
 垂らしても悲しみ足りない深い悲しみ。
                    
 素っ裸になって飛び上がって「やっほー」なんて
 喜色満面叫んでみても喜び足りない大きな喜び。
                    
 そういった、正攻法では表現できない
 手強い物事を、物語なら、うまくすれば、
 過不足なく伝えることが出来る―――
 三郎は、そんな風に言っているお"と。

 言い過ぎかもしれないけど(いや言い過ぎか)、
 上の"物語"を"ブログ"に置き換えることも可能なのかな、
 なんて、初めて読んだときにチラと思ったりしたな。

 まあ、横道。
 恋に生きる人にはならないつもりだけど、
 とりあえず、前を向こう。
 逃げませんよ。
 そして逃がさない(気持ち悪い:笑)。

 BGMはディーパーズの『NO THANK YOU』でした!!
 こんな悩み方はNO THANK YOU!ってことで。

 そんな大晦日前夜でした。

[PR]

Madness From the 7th Floor - 『Light from Underwater』 [PIR12]


 Madness From the 7th Floor - 『Light from Underwater』

Madness From the 7th Floor - 『Light from Underwater』 [PIR12]

 01.Babae sa Breakwater
 02.Water Ballet Fireflies
 03.The Return of the Fireflies
 04.Halika na, hindi ito malalim!
 05.Breathe Underwater
 06.Well, That's that

Release Page Download Free!

Release Date : 2008.12.04
Label : Persona Isla

Keywords : Electronic, Ambient, Experimental, Nostalgy.

 - "Halika na, hindi ito malalim!" makes me recall very nostalgic memories.

 - Madness From the 7th Floor on MySpace

[PR]

Extra Mana Required - 『Bright Air Ep』 [AUU008]


 Extra Mana Required - 『Bright Air Ep』 [AUU008]

Extra Mana Required - 『Bright Air Ep』 [AUU008]

 01. Bright Air
 02. 22,41
 03. TN
 04. Reverb Supremacy

Release Page Download Free!

Release Date : 2008
Label : AUU

Keywords : Electronica, Ambient, Electronic.

 - Related Release : Extra Mana Required - 『Floors EP』 [proc179]

 - Extra Mana Required on MySpace

[PR]

Billy 'Bong' Kenny - 『Albatross EP』 [BP015]


 Billy 'Bong' Kenny - 『Albatross EP』 [BP015]

Billy 'Bong' Kenny - 『Albatross EP』 [BP015]

 01. Albatross
 02. 18
 03. Xigua

Release Page Download Free!

Release Date : 2008.12.24
Label : bypass

Keywords : Ambient, Downtempo.

 - Billy 'Bong' Kenny on MySpace

[PR]

[neuma] - 『Tobi ishi』 [SERN 29]


 [neuma] - 『Tobi ishi』 [SERN 29]

[neuma] - 『Tobi ishi』 [SERN 29]

 01. 029 (tiny song) revised
 02. 187 (candlelight)
 03. 219 (efecto placebo)
 04. 166 (adding some nitrates)
 05. Lovenest (feat lucrecia)
 06. 127 (good manners)
 07. 180 (ridoir)

Release Page Download Free!

Release Date : 2008.10.28
Label : SERIES MEDIA

Keywords : Downtempo, Ambient.

 - "Lovenest" is one of the most beautiful tune that I know.

 - [neuma] on MySpace

[PR]

Psonikadia - 『Tranquilly abiding...』


 Psonikadia - 『Tranquilly abiding...』

Psonikadia - 『Tranquilly abiding...』

 01.entree

 02.amcidagon wave syndrome

 03.visions of om

 04.cananite lagoon

 05.eighteenplusone

 06.galapogus

Release Page Download Free!

Release Date : 2006
Label : Post-Digital

Keywords : Ambient, Ethnic, Synth.

 - Psonikadia on MySpace

[PR]

Eberg - Inside your head



[PR]

君の心の価値は薄い


 思考がまとまらない。
 閂をかけておかないと、
 何かが表に出てきそう。
 だから必死に堰きとめる。
 心の内側を表に出さない。
 人との会話が、どんどん、
 おぼつかなくなっていく。
 堰きとめるのに精一杯で。
 
 自分のズルさも、あなたのズルさも。
 分かっている。つもり。

 いつか誰かが歌っていた言葉とか、
 いろんなイメージが、頭の中を廻る。

 I wanna disappear.
 愛してる 愛してる 僕だけ言う。
 そんな目で 俺のこと見ないで。
 誰もお前を気になどしていない
 代わりなら唸るほどいる だから心配すんな。
 思えないだろ 忘れる日が来るなんて。
 優しさなんて嫌いだ 素直さなんて無駄だ。
 僕には見せないその笑顔は
 なんて美しく可憐なんだ。
 もういいんだ 忘れんだ 躍らせんな。

 これでおわり。
 さようなら。
 こんな話は 誰にだってよくあると
 分かっているさ それくらい。

 ・・・・・・

 どうしたら、いいんだろうな。
 なあ。

[PR]

"ルール6"


 

ルール6 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:



 まさにティーンエイジャー!って感じの。
 いや私の中でのね。
 いきなり冒頭で、セクシーなコスチュームのヒロインが、
 教卓で教師と情熱的に絡むという、なんという。
 ちょっとゴリゴリギターの音楽なんか聞こえてきて。
 久しぶりにこのノリ。ウキウキしちゃいました。

 なんで邦題が"ルール6"なのか、未だによく分かりません。
 "TAMARA"(スペル違ったらスマンです)でええやん、と思うのですが。

 なんか安心して観てしまいました。
 いじめられっ子の復讐、的な分かりやすい筋なんですな。
 ちょっと派手にからかってやるつもり(この根性が嫌い)が、
 手違いで命を奪ってしまって、全員で口をつぐんで、森に埋葬。
 でも後日、いじめられっ子タマラが
 学校に姿を現したから・・・さあどういうこと?

 最後は病院の屋上で、(いろいろな意味で)良心が彼女を救う。
 ちょっと漫画の『隣人13号』を思い出しました(笑)。
 あれも学校の屋上で、ラストシーン、13号の良心というか、
 十三が、ケリをつけるんでしたね。

 Jenna Dewan演じるTamaraのアダルトな変貌振りも目を見張りますが、
 Chloe役のKatie Stuartも可愛かったです
 (て言っても、画像検索するとろくなのが出ないので)。
[PR]

,