STAND BY ME


■あんま長いことは書きませんが、ベースボールベアーの「STAND BY ME」は、なぜかしら、シックリこない。メジャーデビューしてからだと、僕は「GIRL FRIEND」が一番好きだな。すげーなんていうか、機能的なあの感じが好きだったのだが、また元に戻った感じがするな。■といっても、確かにそれは小出くん自身もしっかり把握していることで、今回は自分たちの持ち味である捻くれ感を思う存分出そうとして、作ったそうである。それに「ELECTRIC SUMMER」は「GIRL FRIEND」よりも前の作成になり、「複雑なことをやりきってやろう」というか、なんかそんな感じで作ったそうである。「コレが最後の複雑な作品になる」、というようなことを「ELECTRIC SUMMER」の時期に言っていたので、てっきりこれからは、「GIRL FRIEND」のような路線で行くと思っていたのだが、アレマ、今回はコロリと変拍子というか、なんというか、まあ「スッキリ」ではない作りになっている。■「GIRL FRIEND」のあの整合感はメチャメチャ作りこんだ末に出てきたモノのようであるが、僕はアレが好きだと、ハッキリ言える。それは「GIRL FRIEND」⇒「ELECTRIC SUMMER」⇒「STAND BY ME」と聴いてきた今だからこそ、より明確に感じることができる、感覚である。■ということで、小出くん、いや関根ちゃんも湯浅くんも堀之内くんも、次作はみんなで是非作りこんでください(笑)。もちろん「ELECTRIC SUMMER」や「STAND BY ME」だって、頭ひねって作ってらっしゃるのは間違いないんでしょうが。■でも毎回ジャケットはとても素敵だということを記しておく。全部この路線(ジャケットデザイン=東京タワー+作品ごとのコンセプト)を貫くのかな。

[PR]

<< OH! YOU ARE TAKEO! , キャラメルティーにクリープを入... >>